業務案内

弊社は、「破産管財物件・相続財産管理物件に特化した専門業者」として、
権利関係、マーケット動向、資産価値・利用価値等の多角的な観点から観察・分析を行い
「公正・スピーディー」を理念に不動産処理を行っています。

不良債権となった物件を安全・確実に適正な資産評価のもとに算出した価格にて、市場へ提供しております。

今日に至るまで各弁護士会の会報誌に掲載中の広告や弁護士の先生・金融機関の方々からのご紹介により、
数多くの処理を行い、豊富な経験と実績を積んでまいりました。

一都三県のみならず、全国の物件を取り扱っており、
物件種別も土地、戸建て、マンション、事業用、リゾート物件等、
多岐にわたっております。

物件の明渡しにも柔軟に対応し、立ち退く方の転居先は弊社独自のネットワークにてサポートします。

破産管財物件・相続財産管理物件の処理

破産管財人・相続財産管理人として選任された弁護士の先生のご依頼のもと、
裁判所との手続きの流れを理解した上で、各利害関係者のご意向に従い処理を行います。

法律事務所の皆様へ

法律事務所の皆様へ

弊社は、破産管財物件・相続財産管理物件の処理の手続きの中で、
弁護士の先生方のご意向に従い下記の様なサポート業務を行っております。

法律事務所の皆様へ

任意売却物件の処理

破産の申立て前・申立て後(破産管財人の弁護士の先生が不動産の処分を放棄した後)の処理、
競売の取下げによる任意売却の処理を行っています。
ご相談されている弁護士の先生・ご依頼頂いた債務者の方のご意向に沿った形で処理いたします。

任意売却・競売の流れ

任意売却・競売とは

一般的に、住宅ローンなどの借入金の支払いが滞ったり、支払いが困難になると、
債権回収のために金融機関等の債権者が裁判所へ競売の申立を行います。
そして、裁判所(競売)を通さず、各債権者との合意に基づいて不動産を売却することが任意売却です。
競売よりも一般の不動産市場に近い価格での売却でできるため、
債務の再構築やより多くの債権回収が期待できます。

任意売却の流れ

任意売却の流れ

競売の流れ

競売の流れ

価格査定

極めて個別性が強い不動産の「適正な価格」を求めるためには、
経済的・法的及び物的な要因の調査、高度な専門知識、豊富な経験が要求されます。
弊社では、あらゆる側面からこれらの諸要因を追求して、的確かつ誠実な価格査定を行います。